浮気をされた時、最低限、知っておきたい知識を紹介。このサイトの知識さえあれば、泣き寝入りしなくても済む可能性がぐっとあがる。

多種多様化している現代社会の夫婦関係。しかし、多種多様化しているといっても、よい夫婦関係を長く保つための根本には相手への深い愛情が必要であるということは昔も今も変わっていません。

けれど、やはり夫婦といえども男と女。二人の間には何かとトラブルがつきものです。そのトラブルの一つに浮気問題が挙げられます。古くは万葉の世から相手の不実に嘆き悲しむ歌が残されるほど、この手の問題は世が変わっても尽きないもののようですね。一生一人の人だけを愛し続けることができる人とそうでない人がいるようで浮気問題は世が変わっても存在し続ける厄介なトラブルなのでしょう。

当然、今の世の男女関係にも浮気問題は溢れています。しかし、万葉の世と決定的に違うのは、【現代日本では既婚者の浮気は認められていない】と言うこと。と言うか、認めてしまったら結婚の意味がなくなっちゃいますもんね!正確に言うと、法律上は不貞をしてはいけないと明記はされていませんが実際に浮気した方を有責配偶者として扱う、浮気された時の慰謝料請求が裁判(※慰謝料が払えなくて街金などでお金を借りて慰謝料を支払っているという方も、たまにいるそうです。)で認められるので、日本の世の情勢では【不倫=いけないこと】という認識があり、それが法にも反映しているのは間違いありません。そう、日本の法律はは浮気されたとき、されてしまった方の味方になるものなのです!

相手に浮気されたけれど泣き寝入りしちゃった、自分を追い出してさっさと浮気相手と結婚しやがった、子供が自分の子じゃなかった、そんなこと、ドラマの中だけの話と思いきや、よくある話で、裁判所に行けばしょっちゅうこの手の裁判に立ち会うことになります。

もしも自分が浮気をされたら…そんな時に役立つのは知識です。泣き寝入りしない、相手に一泡吹かせたい、不倫相手と別れてほしい、そんな思いを実現させるためには一にも二にも知識なんです。何も知らないと損をするだけで終わってしまいます。先ほど言ったように日本の法律は浮気をされた方を守ってくれます。知識さえあれば法律を味方につけ、うまく立ち回れるものなのです。何も知らないまま、相手のいいようにされてはたまったものではありません。浮気はした方が悪い!された方は泣き寝入りする必要なんかないのです!

このサイトではもし、浮気をされてしまった場合に役立つであろう最低限の知識を紹介していきたいと思っています。浮気をされてしまった人もまだされていない人も、最低限これだけは覚えておきましょう。ここで学ぶ知識が、もしもの時にあなたを救うことができるかもしれませんよ。

婚姻中の浮気でできた子供の父親問題

奥さんの方が妊娠した場合、戸籍の父親がだれかという問題に発展する。離婚後300日以内に生まれた子供であれば確実に前夫の子供と扱われるので離婚してもおなかの子供の父親になってしまう。早めに確認し、否認するのがベスト。 [...]

女性の浮気は見つけにくいもの?

女性は一人の男性を愛する傾向があるため、浮気をするとその男性に没頭していく傾向がある。その男性の好みに合わせた服装をしたりすることから家庭を顧みなくなるまでのめりこむので泳がせて証拠をとるといい [...]
1 2 3 5